コラム|反町駅で歯科・歯医者をお探しの方は、たんまちファミリー歯科まで

時間
10:00~13:00 - -
14:30~19:00 - - -

:土曜午後は14:00~17:00 休診日:火曜・祝日

  • 歯科衛生士募集詳細はお電話にてお問い合わせくださいませ

〒221-0842
神奈川県横浜市神奈川区泉町2-4
YAOKAN CLINIC BLDG. 4階

  • 予約
  • 地図

妊娠しているのに歯が痛い!妊婦さんもできる歯科治療

皆さん、こんにちは。
 
東急東横線 反町駅 3分の、たんまちファミリー歯科です。
 
 

妊娠中はホルモンバランスの影響で、お口の環境が悪化します。これまでの人生ではずっと歯が丈夫だったのに、妊娠してから急に歯科治療が必要になる方もいらっしゃいます。
 
そんな時、「妊娠しているのに歯科治療を受けても大丈夫?」と心配される方は少なくないようですが、基本的に受けられない歯科治療はありません
 
ただし、念のために避けたほうがよい診療がありますので、ここでは妊娠中の歯科診療の注意点についてお伝えしたいと思います。
 
 

検診&クリーニングを受けましょう

歯ぐきが腫れて時々血が出るようなことがあれば、歯周病にかかっている可能性が高いでしょう。
 
妊娠中、歯のクリーニングを受けていいのか迷われる方もいますが、歯周病などを放置して悪化するほうが早産につながるといったリスクがあります。おなかの赤ちゃんのために、妊婦さんこそ検診&クリーニングは受けるべきです。
 
 

レントゲンは撮らなくても大丈夫です

妊婦さんが歯科治療を行う場合、レントゲンは念のためやめておく、というケースが多いです。
 
とはいえ、歯科でのレントゲンは首から上のみなので、特に問題はありません
 
防護エプロンを着けることもできますし、もしレントゲンの光線が当たったとしても、日常生活で自然界から受ける線量よりも少ないほんのわずかな量なので、実際のところ心配はいりません。
 
レントゲンを撮らないと絶対に治療できないというわけではありませんので、大事をとってやめておくということが多いです。
 
 

麻酔を打たない範囲での処置も可能です

安定期に入っていれば、麻酔注射も特に問題なく打つことができます。
 
歯科医院で行う麻酔は「局所麻酔」のため、お口周りにだけ部分的に効果がでるものです。お口から遠く離れた場所にいる赤ちゃんに、影響はありません。
 
とはいえ、念のために麻酔注射を避ける人も多いので、「できれば打ちたくない」という場合は、歯科医師に相談しましょう。
 
麻酔が要らない範囲での処置を行うこともできます。その場合は応急処置や、進行を遅くするための臨時対応になりますので、出産後に改めて、本格的に通院することが必要になるでしょう。
 
 
また、かかりつけの産婦人科医と連携して治療を進めることもできますので、自己判断せず、何でも気軽に相談することが大切です。
 
 
たんまちファミリー歯科には、女医がいますので、女性特有のお悩みや、男性医師に話しにくいことも気兼ねなく相談していただける雰囲気です。
 
困ったことや不安なことがあれば、何でもお気軽にご相談ください。
 


ページトップへ