コラム|反町駅で歯科・歯医者をお探しの方は、たんまちファミリー歯科まで

時間
10:00~13:00 - -
14:30~19:00 - - -

:土曜午後は14:00~17:00 休診日:火曜・祝日

  • 歯科衛生士募集詳細はお電話にてお問い合わせくださいませ

〒221-0842
神奈川県横浜市神奈川区泉町2-4
YAOKAN CLINIC BLDG. 4階

  • 予約
  • 地図

「歯は削らないほうがいい」というのはウソ?ホント?

皆さん、こんにちは。
 
東急東横線 反町駅 3分の、たんまちファミリー歯科です。
 
 
「歯を長持ちさせるためには、できるだけ削らない方がいい」ということは、近ごろ広く知られるようになってきました。
 
そうはいっても「本当ですか?」と疑問に思う方が多いかもしれませんが、結論からいうと「本当です」
 
どうして歯を削らない方がいいのか、歯を削ると長持ちしにくくなる理由についてお話ししたいと思います。
 
 

むし歯が再発しやすくなります

むし歯治療のためであっても、削ってしまうと、弱く脆くなります。というのも、治療後は詰め物や被せ物をします。
 
しっかりと治療を行ったとしても、お口の中は過酷な環境ですから、治療した部分が経年劣化することがあるのです。
 
詰め物や被せ物との境い目に隙間ができて、そこからむし歯菌が入り込んでしまい、被せ物の下でむし歯が広がってしまうということも起こりえるからです。
 
 

ごく初期のむし歯なら治るケースも

基本的にむし歯は自然治癒しないものですが、ほんのごく初期のむし歯なら、歯が持つ力で治ることがあります。
 
それは、歯の表面のエナメル質に「再石灰化」という作用があるからです。
 
歯の表面は、食事のたびにわずかに溶け出すのですが、唾液中のミネラルのパワーですぐに再形成され、歯の表面のエナメル質が強化される仕組みになっています。
 
この時、ほんの初期のむし歯なら治ってしまうというわけです。

 
こうした歯が持つ自然の力が弱くなってしまうということも、あまり歯を削りたくないひとつの理由です。
 
 

削る選択がベストな場合もあります

基本的には歯はなるべく削らない方が良いわけですが、だからといって、「絶対に削らない方がいい!削りたくない!」とまで頑なに思い込むのも、あまりおすすめではありません。
 
お口の状態によっては削った方が良い結果が見込めるケースもありますし、清掃性が高まって他の歯を長持ちさせられることもあるからです。
 
どういう治療を選択するかは、総合的に見た上で歯科医師から提案がありますので、その説明をしっかりと聞いて、一緒に検討すると良いでしょう。
 
なによりも、まず、削る・削らないという治療の選択をする必要がないよう、予防に力を入れることが大切です。
 
 
歯やお口のことでお悩みや不安がありましたら、たんまちファミリー歯科にご相談ください。お口の状態に合わせたオーダーメイドの予防法をアドバイスします。
 
当院には女医もおりますので、小さいお子さん、女性特有のお悩みも相談しやすい環境です。ご家族の皆さんでお気軽にお越しください。
 


ページトップへ